節約生活と聞くと、食べたいものも食べないで遊びたい時も遊ばないでお金を貯めている、というイメージがあるかと思います。もちろんお金の事を考えずに、節約生活なんて楽しくないなどといって自由に使ってしまえばお金なんて全然貯まりません。

かといって、節約ばかりを考えていては毎日を楽しく過ごせないでしょう。大切なのは使うべきところはお金を使って、無駄使いを少なくして生活することです。

カードローンを活用して快適な生活を得る

毎日を楽しく過ごすコツの一つはカードローンをうまく活用していくことです。カードローンを使ったら、無駄使いし放題なのでは?と思うかもしれません。

確かにカードローンは借りたい時に簡単にキャッシング出来てしまうので、ついつい借り過ぎてしまう人もいます。それで債務整理を余儀なくされる人もたくさんいるようです。

私の友人も債務整理まではいかなくても、カードローンの使い過ぎで毎月の返済が厳しくなった時期もありました。カードローンがあれば手持ちのお金がなくても、すぐにお金を引き出せるのでとりあえず楽しい毎日は過ごせるハズです。

それは簡単に借りられることで借金という意識が薄れてしまうことが原因でしょう。借金という意識は決して忘れずに、あまり使わないように心がけながらうまく活用していくなら節約も出来ます。

お金がない時代の私

私もカードローンを持つ前は、給料日前になるとお金が少なくなるので飲み会の誘いも断った事もたくさんあります。時には気になっていた方からのデートのお誘いすら断ってしまった事もあったんです。

貯金しなきゃという気持ちがあったので節約生活をしていたのですが、こんなつまらない毎日を送るならやらない方が良いとまで思うようになりました。

確かに貯金もせずに給料をそのまま持っていると、飲み会も合コンもいつでも参加できるようになりましたし、欲しいものも買うようになったんです。ただやっぱりそれだとお金は全然貯まりません。

そこでまた節約生活を送るようにしましたが、今度はカードローンを持つようにしました。節約生活は続けていて、お金が必要になった時にはカードローンでキャッシングして都合をつけるようにしたんです。

そうすると、前みたいに給料日前の金欠の時でもデートの誘いや飲み会の誘いも断らなくなりました。私はお金がないときでも、給料が入ったらすぐに返済するようにしているので、私の友人のように借金がどんどん増える事もありません。

ただ給料から返済したら翌月のやりくりは当然厳しくなりますが、節約のためにはそれがポイントだと思います。先月使い過ぎてしまったから節約しようと思っても、お金があればついつい使ってしまうものですし、節約しようと思えば毎日は楽しく過ごせません。

お金の借り方は使い方は自分次第

カードローンの返済で最初から使ってしまえば、無駄使いする事はなくなります。本当に必要なものにしか使わなくなりますし、給料日前に厳しくなったらまたカードローンを使えば問題ありません。

そういったやりくりをすることで、使い過ぎは減らせますし預金も出来るようになっています。お金が無くても必要な時には使えるので、お金の事をあまり気にせず楽しい毎日を過ごせているんです。

カードローンがあることで私の場合は毎日を楽しく過ごしながらも節約も楽しくできています。ただこれは給料日には必ず完済する、という気持ちを徹底しているからだと思います。

返済したら今月厳しくなると思って完済せずにいると、結局近い将来生活が苦しくなるでしょう。カードローンで5万円も借りてしまうと翌月は厳しくなるのは目に見えていますが、それでも完済しておきましょう。

カードローンは再キャッシング出来るのが魅力です。例えば元金5万円を返済すれば、お金が必要になったらまた5万円を借りられます。

手元に残しておくか、金融機関に返済しておくかの違いだけですし、それをすることで再キャッシングするまでも期間の利息も減らせます。カードローンは便利ですので、上手く活用してみましょう。